〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷5-1-6 

受付時間:9:00~18:00(年中無休)

4F 宗務所 直通

06-6741-1921

法話

お坊さんの法話を載せています。

四十九日供養の意味

四十九日とは七七日斎とも言う。

亡くなった日から、毎七日目ごとに七回にわたって49日間行う斎儀式で、この間を中有、中陰期間と言い、この期間に次に生まれてくる場所が決まる。なので、49日目の日が冥途界旅行の終着駅となり次の世界の出発点となる。この期間は、生前の自分の行いに対する審査期間になるとも言われているので、仏教では重要とされ、この時に①天上界②人間界③阿修羅界④畜生界⑤餓鬼界⑥地獄界のどちらかに生まれるかが決められる。

第一の七日間(第一審査官 秦廣大王)
臨終の苦しみとともに現世を去れば、冥界の49日間の旅行が始まる。この時を中陰の冥界旅行ともいう。冥は真っ暗なことを示すように、暗い山道を越えていかなければならない。この時に持っていくものは何もない。唯一自分が、生前の行為に対して記録された興信書が前にかかっているだけである。七日目になる日、第一回の審査を受けるが、裁判長は秦廣大王である。
ここでは書類審査だけ行う。

第二の七日間 (第二審査官 初江大王)
冥界の黒い山を越えれば川に出る。とても良いことをした人はすでに極楽に行き、そうでない人が来る場所である。ここが、あの有名な「三途の川」である。この川には、‘山水瀬’‘江深淵’‘有橋渡’という3本の橋がある。ここが重要で、橋を楽に渡れば極楽に行き、そうでなければまた裁判を受けることになり、今後が不安である。橋を渡ることが出来ない者は川を渡れなければならないが、これも罪の大小によって浅い所と深い所がある。ここには船があるが運賃を払えば船で渡れるという。川を渡れば服をかけるおじいさんとおばあさんがいるのだが、おばあさんが服を脱がすとおじいさんがそれをもらい木に掛ける。罪が少ない人は木の枝が少ししなり、多ければたくさんしなる。この記録が裁判長である初江大王に渡される。初江大王は木がたくさんしなっていれば、地獄に行くように命令する。それでも従わなければ、次の裁判所に移す。

第三の七日間 (第三の審査官  宋帝大王)
ここでは、猫と蛇を使い調査する。姦淫や邪淫を専門的に調べるところだ。

第四の七日間 (第四の審査官 五官大王)
ここで秤を持って判断する。生前に嘘を多くついたか、ついてないかは秤の測量によって明らかになり、地獄、餓鬼、畜生のどの世界に行くかが決まる。

第五の七日間 (第五の審査官 閻羅大王)
ここでは浄璃という水晶でできた鏡があり、生前に犯した大きい小さい罪がビデオで見るかのように鏡に隅々まで照らされ嘘は通じない。大体ここで地獄に行くかが決まる。しかし、「少し待ちましょう。あなたの遺族たちがあなたの為に薦度斎でもあげているかもしれないので、その供養の力を少し借りてみましょう」といって猶予期間を置く。

第六の七日間 (第六の審査官  變成大王)
閻羅大王により七日間の猶予期間をもらい会う裁判官である。變成大王は、五官大王と閻羅大王の資料をもとに考え、考えた末に第7の泰山大王に移す。

第七の七日間ー第七の審査官(泰山大王)
泰山大王は49日間裁判を受けながら懺悔し改善した記録と、遺族たちにより薦度供養をした心情等を汲み取り①地獄②餓鬼③畜生④阿修羅⑤人間⑥天上に分けられた扉を指差し、入るようにする。どの扉に送られるか、後に生まれ変わったらどのような性格になるかは、遺族の供養で大いに左右される。死者の魂はこの世とあの世の境目にある中陰となってきた、生まれ変わる体をもらえないまま歩き回る時期は仏子たちは死者の魂が悪いところに行かずに、よいところをきちんと渡れるように死者の霊を薦度し、仏様の浄土に導いて行き、苦しみや束縛から解放されるようお坊さんたちに供養をあげ法門を請する。

また、金剛経・阿弥陀経・地蔵経・法華経のように仏様の経典をあげたり、念仏を唱え極楽往生を祈ってもらう。経典を書にして仏教を広く伝え配ったりする。仏教の斎は修行僧と六道のすべての衆生たちに広く施すことで死者に食べ物を備える儒教の祭とは異なる。

地蔵思想に基づく四十九日は仏教だけの意識を飛び越え、我が民族固有の斉礼儀式に発展した。そのため、韓国では仏教信者でなくても四十九日を行う。四十九日以外にも100日斉・1周忌・2周忌等がある。
この中でも四十九日を最も重要とするのは、この日は中陰の最後の日で、救援をもらえる最後の機会が与えられる審判の日であるからである。

この儀式を通して死者の霊が罪を懺悔し精神を改め清らかな状態となり、生まれてから、死と奈落、地獄が本来ないことを悟って、苦しみから解放されることで、四十九日を迎える。

第1秦廣大王から第10五道轉輪大王まで10名の十王が亡くなった人を順番に審判する.
一回目の初七日、
二回目のニ七日、
三回目の三七日、
四回目の四七日、
五回目の五七日、
六回目の六七日、
七回目の四十九日,
八回目の百日、
九回目の1周忌、
十回目の2周忌(3回忌)

この日にちに斎儀式を行うのは邪悪な罪を無くすためである。
つまり七つ目は49斎で、次の三つは百斎、小祥斎、大祥斎という。
このように各大王は49日間の間、七日ごとに亡くなった人の生前積んだ業を審判して、善業や悪業によりそれぞれ賞や罰を与えるのだが斎儀式を行うことで仏様の加被の下で罰も赦免され、より良い世界に行けるといわれている。故人様にとって49日間の供養がどれくらい大切であるかわかる。
総括的に整理してみると、49斎は七日ごとに七回の斎儀式を行って善根功徳を積んであげることで、仏様の法要を聴いて故人の知恵が生まれ、より良い世界に行けるように行う薦度法(法事)である。
家族が49斎を行う時はこのような意味を良く考えながら斎儀式を行うべきである。即ち、心を込めて信心を持って最善を尽くさなければならない。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

06-6741-1921

 民衆仏教 観音寺です。

いつでもお参りに行ける
釈迦牟尼仏の舎利が奉安
されている都会の仏教聖地