〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷5-1-6 

受付時間:9:00~18:00(年中無休)

4F 宗務所 直通

06-6741-1921

よくあるご質問

よくあるご質問

ここではよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

何故四十九日間を期日として斎を行う必要があるのか。

死後49日間はとても大切な時期です。

人が亡くなってから次の生(いのち)をもらうまでには49日間の間生と死の中間状態、即ち中陰身となり、次の生が決まるまでにあっちこっち浮遊しながら待っている。従ってこの49日間の間、遺族が亡くなった人のために斎儀式を行い功徳を積んであげれば、悪い業を積んだ人は御仏様の恩恵を受け苦しみの世界に行かず、平凡な業を積んだひとはこの上ない功徳を成し遂げ、より良い世界に生まれ変わるのである。
またこの49日間の間は亡くなった人の識がかなり明るく冴えているため、生前より仏様の法要がすぐ理解できる時だと言われている。従って、この時期に法要を一生懸命に唱え聞かせてあげれば亡くなった人は知恵が芽生えてきて生前の愛着を断ち切り、早く成仏ができ極楽浄土の仏世界に行けるようになる。

何故七日ごとに斎儀式を行うのか。

良い世界に行けるように七日ごとに斎儀式を行うのである

人は亡くなってから中陰身となり普通は七日に一回ごとに気絶して目が覚めたりするが、その都度かなりの不安が押し寄せてきたりするのだ。また七日ごとに一回ずつ様々な色の怖い光が見えて環境が変わる。その周期に合わせ祭祀を行うことで、不安と怖さを拭い去ってくれるよい光に導かれより良い世界に行けるように七日ごとに斎儀式を行うのである。
また冥府世界を管轄する十王の審判と刑罰に関係がある七日ごとに斎儀式を行っている。冥府は苦痛がかなりひどいとこであり、10大王は苦痛に陥っている冥府の罪人を管理していると考えられているため、仏教と道教では人が亡くなったら10大王の寛容を願う10回の斎儀式を行わなければならない。

四十九日の数え方は?

七日ずつ七回で四十九日になる。(7×7=49)

日本の仏教では宗派によって数え方が違うが、四十九斉を35日目や、3ヶ月にまたがってはいけないとして31日に49日をすることもある。
これは宗派の規定で便宜的な変化からきていると考えられる。
四十九日の数え方は、亡くなった命日から数えるが、火曜日に亡くなっているのであれば、毎週月曜日が四十九日間は斉日になる。
事情によって前もって四十九斉をすることは良いが、過ぎてはいけない。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

06-6741-1921

 民衆仏教 観音寺です。

いつでもお参りに行ける
釈迦牟尼仏の舎利が奉安
されている都会の仏教聖地